MENU

介護職員初任者研修をとろう

 

介護業界をめざすならまず始めに学ぶのが介護職員初任者研修になります。

 

 

2013年の4月から介護ヘルパー試験制度が廃止され、その代わりに介護職員初任者研修というものが導入されるようになりました。

 

これはより質の高い介護職員を増やしていこうという国の政策で、この介護職員初任者研修はヘルパーの試験とは違い、筆記試験が最後に知識の習得が出来ているか確認するために加わりました。またその研修時間は約130時間となっており、以前の介護ヘルパー試験と変わりはありません。

 

しかし、内容が若干異なってきますので注意は必要です。また以前の介護ヘルパー2級の資格を持っていれば、この介護職員初任者研修を修了した者と同等と扱われます。ですので、既にヘルパー2級の資格をもっているという方は、この介護職員初任者研修を受けるという必要はありません。

 

この介護職員初任者研修を受けるメリットとしては、様々な介護施設や介護サービス会社で働くことができるということです。例えば在宅の介護ヘルパーとして働くこともできますし、特別養護老人ホームやデイサービスといった介護施設で介護職員として働くこともできます。

 

以上のようにこの介護職員初任者研修というものは良い点が沢山ありますので、将来的にこの業界で働こうと思っている方は、こちらの研修を受けるようにしていきましょう。さらにこの介護職員初任者研修はスキルアップをしていくことが出来ます。この研修を終了してから実務経験後3年以上積んで実務者研修を受けると、介護福祉士の国家試験を受験することが出来るようになります。ですので、将来的なキャリアを作っていくことも、この研修を受けると出来るようになってきます。