MENU

ヘルパーの資格のメリットとは?

 

資格をとるメリットが分かれば、よりその資格を取得するための動機付けが出来るようになってきます。

 

そこで今回は、ヘルパー資格を取るメリットについてご説明いたします。このヘルパー資格を取るメリットは、この資格一つを取得するだけで幅広い場所や施設で働くことが出来るようになるということになります。

 

ヘルパーとしてアルバイトや正社員として働くことも出来ますし、介護福祉施設の中で介護職員として働いたり、アルバイトとして働くということも出来てしまいます。ですので、最大のメリットはこの幅広い施設で働くことが出来るという事です。

 

さらに、この資格を持っていると、スキルアップが出来るというメリットもあります。3年実務経験を積むと介護福祉士、5年実務経験を積むと介護支援専門員の受験資格を取得できるようになってきます。介護支援専門員などであれば独立することも可能です。以上のようにこのヘルパー資格というのは魅力やメリットがあります。また、ヘルパー資格を取るメリットは他にもあり、そこで介護についての知識を勉強しておけば、将来自分の父親や母親に介護が必要になった時に、その知識を活かすことが出来るようになるといった良さもあります。

 

ヘルパー資格を取るメリットの二つ目に、働く場所が限定されないことです。介護の仕事は人口が多い、少ないに関わらず全国的に存在します。例えば、結婚前にこの資格を取得したとすれば、ブランクがあったとしても就職出来る可能性は高くなります。以上がヘルパー資格を取るメリットです。今後必要とされる資格なので、興味のある方にはヘルパー資格を取ることをお勧めします。

 

資料請求はこちら→介護職員初任者研修